〒181-0013
東京都三鷹市下連雀4-10-25
アンサンブル 103

電話マーク

お電話

メニュー

顎関節症 イメージ
見出しアイコン

顎関節症

顎関節症は
どなたでも起こる可能性があります

「口を開くときに痛みがある」「咀嚼時に耳のあたりで音が鳴る」「口を広げにくい」
これらのような症状がある場合には、顎関節症が疑われます。

以前は、噛みあわせの悪さが、主な原因に考えられていました。
しかし現在では、普段の姿勢顎のつかい方など、生活習慣の影響で顎関節症が起こるといわれています。

顎の症状を放置していると、など全身の症状にもつながる可能性があります。
メカニズムを理解して、早めの改善を目指しましょう。

ここでは、顎関節症の主な原因と症状例、日常で行える対処法・予防法を詳しくご紹介していきます。

目次

このようなお悩みはありませんか?

こちらのページを読むことで、次のようなお悩みの解決ができます。

  • 口を大きく開けると、
    顎に痛みがある
  • 咀嚼する際に、
    顎からガクガクと音が鳴ることがある
  • 途中で引っ掛かりがあるため、
    口が開きにくい
  • 噛み締めた際に、
    顎に痛みを感じることがある
  • 食事中に、よく顎がだるくなる
  • 口が左右にうまく動かせない
  • 食事の際に、
    顎に違和感がある
  • 顎の痛みから、
    頭痛や肩こりにつながることがある

顎関節症の原因と症状

顎関節症の主な原因

顎の痛みや動かしにくさなどが生じた状態「顎関節症」といいます。
顎関節症は、次に挙げる要因が重なることで、発症すると考えられています。

 

●顎のゆがみ

顎がゆがんでいる場合、咀嚼や会話などで口を開け閉めした際に、関節周辺の組織を痛めることがあります。
日常生活で顎のゆがみを生じるのは、次のような原因が挙げられます。

・片方の顎でものを噛む
食事の際に、片方で噛んでばかりいると、顎がゆがみやすいといわれています。

・姿勢や寝方のくせ
頬杖をつく顎で受話器を挟むうつ伏せで寝るといったくせがあると、片側の顎ばかりに負担がかかり、ゆがみにつながります。

・外傷
コンタクトスポーツ事故などで顔を強打し、顎がゆがんでしまうことがあります。
また、大きなあくびで顎関節を脱臼したあと、顎関節症につながる可能性もあります。

 

●顎のずれ

顎が前方にずれていると、関節円板(顎の関節内にある組織)を痛める原因になるといわれています。

顎のずれは、普段の「猫背姿勢」「下を向いた姿勢」の影響が強いと考えられています。
背中が丸まり、前のめりになると、下顎が前方に移動してしまうためです。

 

●噛み締め

噛み締めのくせによって、顎を動かすための筋肉(咀嚼筋)が硬くなる傾向にあります。
すると、顎の動きが制限されて、関節周辺の組織を痛めてしまうことがあります。

勉強や読書、デスクワークなど、集中して何かをしている場面で、自然と歯をくいしばる方がいます。
またストレス緊張も、噛みしめの原因に考えられています。

 

●カルシウムの不足

カルシウムには、筋肉の収縮運動を(弛緩にも作用するため)調整する作用があります。
そのため、カルシウム不足によって筋肉が過度に収縮し、顎の緊張につながります。
とくに現代では、意識していないとカルシウム不足になる傾向があります。

顎関節症の主な症状

顎関節症では、次のような症状がみられる場合があります。

 

●あごの痛み

顎関節症では、口を開けたときに痛みが生じやすいといわれています。

 

●顎が疲れやすい

顎周辺の緊張が強まっていると、食事中に顎のだるさを感じることがあります。

 

●見た目でズレが生じている

顎のズレを、外観で認めることがあります。
また口の開閉時に、左右でアンバランスな動きをする場合もあります。

 

●顎が開かない、音が鳴る

顎関節内にある関節円板が前方にズレている場合、顎の開閉時に引っかかりが生じたり、音が鳴ったりすることがあります。

・顎の構造
側頭骨にある「下顎窩(関節のくぼみ)」に、下顎骨の「下顎頭」がはまり込むことで、顎関節は構成されています。
下顎窩と下顎頭の間にある、クッションの役割をしている組織が「関節円板」です。

関節円板の左右の動きは靭帯でしっかり固定されているのですが、前後には移動しやすいといわれています。
顎を動かす際、前方にずれた関節円板に下顎骨が引っかかることで、動かしにくさや音につながります。

 

●顎が閉じられない

下顎窩から下顎頭が外れてしまい、顎が閉じられなくなることがあります。

 

●頭痛

顎を動かす筋肉は、こめかみの辺りまで付着しています。
そのため、筋肉の疲労から頭部の血行が悪くなり、頭痛を起こすことがあります。

 

●首の痛み、肩こり、腰痛

顎の緊張や動かしにくさによって、首肩まわりの筋肉が硬くなり、首の痛みや肩こりを起こす場合があります。
また、頸部の緊張が背中や腰部にまで広がり、背中のハリ感腰痛の原因になるといわれています。

 

●めまい、難聴、眼精疲労

頭部の血行不良によって、めまいを起こしたり、耳が聞こえにくくなったりすることがあります。
また、目の疲れかすみ目といった、眼精疲労の原因になるといわれています。

 

●嚥下や呼吸のしにくさ

顎の位置がずれることで、嚥下(飲み込み)や呼吸がしにくくなる場合があります。

顎関節症の対処法と予防法

顎関節症への対処法

口の開閉時に痛みや動かしにくさなどがある場合には、次のような対処が有効とされます。

 

●顔の体操

顔の緊張をほぐすためには、口を動かす体操が効果的です。
簡単に行えるものには、「あいうえお体操」が挙げられます。

やり方は簡単で、あいうえおの形で、口を大きく動かしていきます
「え」の口のときには、舌を出すようにすると、より顔まわりの筋肉を動かせます。

※痛みや動かしにくさがある場合には、できる範囲でかまいません。

 

●カルシウムの補給

カルシウム不足は、筋肉が緊張する原因に挙げられます。
普段の食事で、積極的にカルシウムを摂取するようにしましょう。

・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)
・小松菜、チンゲン菜、モロヘイヤ
・魚介類(小魚、貝)
・大豆製品(豆腐、納豆)

これらのような食品がカルシウムの多い食品に挙げられます。
また食事での摂取がむずかしい場合は、サプリメントでとる方法もあります。

 

●咀嚼筋のセルフマッサージ

セルフマッサージによって、顎の緊張を緩めていきましょう
指の腹をつかい、円を描くように顎まわりの筋肉をほぐしていきます。
とくに歯を食いしばった際に、ピクピクと動く筋肉を重点的にほぐしてください。

また左右差があれば、硬くなっている方を多めにほぐしましょう
そのほか、こめかみ下顎のラインなどもほぐしていくと、より効果的です。

 

●左右でバランスよくものを噛む

片方でばかりものを噛んでいると、顎のゆがみにつながります。
食事はなるべく、左右でバランスよく咀嚼するようにしてください。
また顎への負担になるため、症状があるときには、固い食べ物はなるべく避けるようにしましょう。

 

●医療機関に相談する

噛みあわせが悪い場合は、一度医療機関に相談することをおすすめします。
マウスピースを着用することで、噛みあわせの矯正が期待できます。

顎関節症の予防方法

顎の痛みが軽減したら、今度は再発させないように予防にも力を入れましょう。

 

●両方の顎をつかう

顎のゆがみがあると、顎関節の動きが悪くなりやすいといわれています。
食事の際には、なるべく左右バランスよく噛むようにしましょう。

 

●よく話す

口を動かす機会が少ないと、顎の筋肉が固まりやすくなるといわれています。
日常でなるべく話す機会をつくりましょう
また、在宅ワークで人とあまり会わないという方は、「あいうえお体操」という顔の体操を習慣にすると、顎関節症の予防が期待できます。

 

●頬杖をつかない

頬杖をつくくせのある方は、意識してやめるようにしましょう。
頬杖をついていると、顎のゆがみにつながる可能性があります。

 

●睡眠の質を高める

眠りが浅いと睡眠中に身体に力が入り、歯ぎしりを起こすことがあります。
朝までぐっすりと眠れるように、睡眠の質を高めていきましょう。

・朝日をしっかりと浴びる
朝日を浴びることで、体内時計をリセットする効果が見込めます。
また日光によって、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌が促進されるといわれています。

・朝ごはんをしっかりと食べる
睡眠の質を考えると、朝食をしっかり食べることをおすすめします。
食事によっても、体内時計のリセットが行われるためです。

また朝食には、メラトニンの素となるトリプトファン(タンパク質)を摂取するようにしましょう。
トリプトファンは、バナナヨーグルト納豆豆腐味噌などに多く含まれています。

・寝る90分前に入浴する
深部体温が下がるタイミングで、眠気を感じやすいといわれています。
そのため、寝る90分前に入浴を済ませるようにすると、スムーズに眠りにつくことが期待できます。

・寝る1時間前からスマホやパソコンはみない
ブルーライトは刺激の強い光のため、交感神経が活性化しやすいといわれています。
脳が覚醒しないように、なるべく寝る1時間前からは、スマホやパソコンはみないようにしましょう。

カイロプラクティックラクーンの
【顎関節症】アプローチ方法

当院の施術では、顎まわりの筋肉の偏りや癒着をストレッチで改善し、顎を本来の位置に戻すことが期待できます。

また首のゆがみを整えることで副交感神経の伝達を正常に戻し、リラックス効果を促します

顎の痛みや顎がずれているなどのお悩みを抱えている方は、一度当院までお越しください。

著者 Writer

著者画像
米田 健一
所有資格: 日本カイロプラクティック連合会正会員
     NPO法人日本カイロプラクティック諮問委員会会員
     健康管理士一般指導員
生年月日:1985年1月4日生まれ
血液型 :O型
趣  味:スキー サイクリング

患者様へひとこと:
根本から身体の改良を目指していきます!

MENU

カイロプラクティックアイコン

カイロ
プラクティック

姿勢矯正アイコン

姿勢矯正

骨盤矯正アイコン

骨盤矯正

産後骨盤矯正アイコン

産後骨盤矯正

ヘッドケアアイコン

ヘッドケア

筋膜リリースアイコン

筋膜リリース

ABOUT US

カイロプラクティックラクーン

住所

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀4-10-25
アンサンブル 103

最寄駅

JR中央線 三鷹駅南口徒歩14分

駐車場

応相談(スペース狭小の為)

10:00〜20:00
お電話でのお問い合わせ(予約優先)

090-4383-0869

※お電話は場合により出れない場合がございます。
WEB予約はこちら
受付フォーム24時間受付

BACK TO TOP

EPARKアイコン

EPARK

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー