〒181-0013
東京都三鷹市下連雀4-10-25
アンサンブル 103

坐骨神経痛 イメージ
見出しアイコン

坐骨神経痛

坐骨神経痛は
足の痛みやしびれが主な症状です

お尻から太もも、ふくらはぎ、すね、足に痛みやしびれがみられる場合は、坐骨神経痛が疑われます。
坐骨神経痛は、その名の通り、坐骨神経の障害が考えられます。

神経が圧迫されている箇所によって、足が全体的に痛むこともあれば、部分的に症状を感じる場合もあります。
また状態を悪化させると、最悪手術が必要になる可能性もあるため、放置しないことが大切です。

メカニズムを理解して、早めの対処・予防を始めていきましょう。
ここでは、坐骨神経痛の主な原因と症状の特徴、ご自身で行える対処法を詳しくご紹介していきます。

目次

このようなお悩みはありませんか?

こちらのページを読むことで、次のようなお悩みの解決が期待できます。

  • 車の運転中に、
    お尻がジンジンと痛んでくる
  • しばらく歩くと、
    足全体にピリピリとしたしびれを感じる
  • 前屈みになると、
    太もも裏側の筋肉が突っ張るように痛む
  • 坐骨神経痛といわれたが、
    どのようなケアが必要かわからない
  • 足全体が痛み、
    なかなか寝つけないことがある
  • 坐骨神経痛に
    効果的なストレッチや体操を知りたい

坐骨神経痛の原因と症状

坐骨神経痛の主な原因

【坐骨神経痛のメカニズム】

下半身に痛みやしびれ、違和感などが生じた状態を「坐骨神経痛」と呼びます。
坐骨神経痛は、何かの病名というわけではありません。
頭痛や腹痛などと同様に、症状をあらわす言葉です。

 

●坐骨神経について

坐骨神経は、脳や脊髄といった中枢神経から枝分かれした、末梢神経の一種です。
背骨(腰椎、仙骨)から出たあと、お尻、太ももへと走行します。
そして膝の上あたりで、脛骨神経(ふくらはぎ)総腓骨神経(すね)の二手に分かれて走行し、足趾までの知覚や運動を支配しています。

神経というと、細かい繊維状のものをイメージされるかもしれません。
しかし坐骨神経は、一番太い箇所でボールペンほどの太さがあり、長さも約1mあるとされます。
この坐骨神経が、何らかの原因で圧迫、刺激されることで、坐骨神経痛につながます。

 

【坐骨神経痛の原因】

●脊柱の病気

・腰椎椎間板ヘルニア
椎間板への負担で線維輪に亀裂が入り、中から髄核が飛び出したものです。
中腰作業の多い方や、仕事で重たいものを運んでいる方に発症しやすいといわれています。

・脊柱管狭窄症
脊髄が通る脊柱管が狭くなったものです。
加齢による靱帯の肥厚や、椎間板の変形などが原因に考えられます。

・腰椎すべり症
腰椎が前方にすべった(ずれた)ものです。
加齢の影響がおもに考えられています。

・腰椎分離症
腰椎が前後で分離してしまったものです。
過度な運動(腰を反る、ひねる動作の繰り返し)による、疲労骨折が考えられます。

 

●骨盤のゆがみ

骨盤が傾いていると、上に乗っている腰椎にもゆがみが生じ、椎間板や周辺の組織に負担がかかりやすくなるといわれています。
また、骨盤のゆがみから、お尻や太ももあたりを走行する坐骨神経が牽引、圧迫されて、神経痛を生じる場合もあります。

 

●お尻の筋肉の緊張

スポーツでのオーバーユース(過度なランニング、ゴルフや野球などのスイング動作)や、長時間の座り姿勢などでお尻に疲労がたまり、梨状筋の緊張が強まると考えられます。
すると、硬くなった筋肉で坐骨神経が圧迫され、足の痛みやしびれにつながることがあります。

坐骨神経痛の主な症状

坐骨神経が圧迫、刺激されると、次のような症状がみられる場合があります。

 

●お尻から下肢にかけての痛み、しびれ

坐骨神経の走行に沿った、痛みやしびれなどが、坐骨神経痛の主な症状です。
「お尻〜太もも裏側〜ふくらはぎ、すね〜足、足裏、足趾」の箇所が局所的に痛む場合もあれば、全体的に症状が出る場合もあります。

また、痛みやしびれの感じ方にも個人差があります。

・お尻が痛み、長い時間座っていられない
・身体を動かすと、足全体がピリピリとしびれる
・安静にしても、ふくらはぎが突っ張るように痛む
・足の冷感、灼熱感

さまざまな症状例があります。
また脊柱の病気では、原因によって症状が強まる動作に特徴があります。

・椎間板ヘルニア:腰部の前屈
・腰椎すべり症、分離症:腰部の後屈
・脊柱管狭窄症:腰部の後屈、歩行

しばらく歩くと下半身に痛みやしびれが生じ、座って休むと症状が緩和する「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」は狭窄症の特徴的な症状です。

 

●歩行障害・膀胱直腸障害

末梢神経には、筋肉へ運動の指令を送る働きがあります。
そのため、坐骨神経の圧迫が進行して伝達が悪くなると、下肢に力が入りにくくなり、歩行障害を生じることがあります。

また、中枢神経の圧迫で、排尿や排便が困難になる「膀胱直腸障害」も坐骨神経痛の重症例です。
歩行障害膀胱直腸障害がみられ、保存的に回復が望めない場合は、手術が適用されることもあります。

 

●病気の可能性がある坐骨神経痛

「脊椎、脊髄のがん」「骨盤内のがん」「細菌の感染」などによって、坐骨神経が圧迫されているケースも中にはあります。

・急に痛みやしびれが強まった
・体重の減少がある
・原因不明の発熱症状がある

これらのような症状がある場合には、早めに医療機関で検査を受けるようにしてください。

坐骨神経痛の対処法と予防法

坐骨神経痛の緩和が期待できる対処法

坐骨神経痛が疑われる場合は、次の対処が有効とされます。

 

●骨盤の体操

骨盤や腰椎のバランスを改善することで、坐骨神経にかかる圧迫を緩和していきましょう。

1.仰向けに寝ます。両手はバンザイする形で上にあげてください。
2.両膝を立てます。上半身はそのままで、両膝を揃えて右に倒します。
3.2の状態を10秒ほどキープしたら、反対側にも同様に倒して10秒ほどキープします。

2と3を交互に、3回ほど繰り返しましょう

 

●お尻の筋肉のストレッチ

・椅子に座り、右膝の上に左足の足首を乗せます。左膝が外側に開いた状態です。
・背中を伸ばしたまま、骨盤から倒すようなイメージで、上体を前に倒します。
・左のお尻を30秒ほど伸ばしたら、反対側(右側のお尻)も同様にストレッチします。

ストレッチ中は息は止めず、ゆっくりと筋肉を伸ばすようにしてください。
また、太もも裏側からふくらはぎにかけてのストレッチも、坐骨神経痛には有効とされます。

・椅子に浅く座り、右足を伸ばします。かかとは床につけたままで、つま先は立てるようにしてください。
・つま先に向けて上半身を前に倒し、30秒ほどかけて太もも裏側からふくらはぎの筋肉を伸ばします。
・反対側(左足)も同様に行います。

 

●症状のある箇所を温める

ホットパックホッカイロなどを当てて、痛みやしびれを感じる箇所を温めましょう
温めることで血流が改善し、症状の緩和が期待できます。
また、お尻お腹足の付け根部分を温めることも、坐骨神経痛の緩和に効果的です。

 

●湯船に浸かる

腰痛や下肢の痛み、しびれがある場合には、湯船に浸かることをおすすめします。
温めることで筋肉の緊張が緩み、神経痛の緩和が期待できます。
熱いお湯にさっと入るのではなく、ぬるめの温度(38〜40度)しっかり内側まで温めるように意識しましょう。

日常で行える坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛の症状が落ち着いたら、予防によって再発防止にも努めましょう。

 

●骨盤の体操

「膝倒し」は、骨盤のゆがみの予防としておすすめです。
また、坐骨神経痛の予防には、次のような骨盤の体操もあります。
あわせて、日常生活に取り入れてみてください。

・肩幅ほどに足を広げて立ち、両手を腰に当てます。
・頭の位置はそのままで、フラフープを回す要領で、腰を水平にゆっくり回します。
・30回ほど回したら、反対の方向にも30回ほど腰を回します。

また骨盤ベルトをお持ちであれば、骨盤を締めた状態で行うと、より効果的です。

 

●腰を曲げたまま重いものを持たない

背中から丸めるように前屈動作をとると、腰椎への負担が強まる傾向にあります。
中腰作業や重たいものを持つ際には、膝から曲げるように気をつけましょう。
また、ヘルニアの方は、なるべく重たいものは持たないことをおすすめしています。

 

●下半身の血行を良くする

症状が出ていなくても、腰部やお尻、下肢に疲労感、ハリ感がある場合は、なるべく湯船に浸かるようにしましょう。
対処法と同様に、ぬるめの温度でしっかり内側まで温めるようにしてください。
また、お風呂上がりには、お尻や太ももの筋肉を重点的にストレッチすると、より緊張の緩和が期待できます。

 

●こまめに身体を動かす

長時間の同じ姿勢は、下肢の筋緊張と血行不良につながります。
デスクワーク中でも、30分に1度は立ち上がって、身体を動かすようにしてください。
また、ストレッチ(お尻、太もものストレッチ)を行い、腰やお尻、太ももの筋肉が固まらないようにしましょう。

 

●身体を冷やさない

身体の冷えは血行不良を招き、痛みやしびれを生じやすくなるといわれています。
「靴下を履く」「レッグウォーマーを着用する」「ひざ掛けをする」などして、なるべく身体を冷やさない工夫をしましょう。

 

※原因が違う対処法を続けてしまうと悪化する可能性もあるので緩和されないのであれば中止し、まずはお問い合わせ、ご来院されることをおすすめします。
対処法は応急的なことであり、効果を保証するものではありません。

カイロプラクティックラクーンの
【坐骨神経痛】アプローチ方法

坐骨神経痛とは、お尻から太もも、ふくらはぎ、すね、足に痛みやしびれが起きることを指します。

放置すると悪化し、手術をしなければならないこともあります。

当院では腰椎や骨盤のゆがみを矯正し、固まった筋肉を緩めていきます。
坐骨神経の圧迫が解消されると坐骨神経痛の改善が期待できます。

坐骨神経痛が疑われる方は、早めの対処を行うためにも当院までお越しください。

※「身体の不調の原因」についてくわしく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

著者 Writer

著者画像
米田 健一
所有資格: 日本カイロプラクティック連合会正会員
     NPO法人日本カイロプラクティック諮問委員会会員
     健康管理士一般指導員
生年月日:1985年1月4日生まれ
血液型 :O型
趣  味:スキー サイクリング

患者様へひとこと:
根本から身体の改良を目指していきます!

MENU

カイロプラクティックアイコン

カイロ
プラクティック

姿勢矯正アイコン

姿勢矯正

骨盤矯正アイコン

骨盤矯正

産後骨盤矯正アイコン

産後骨盤矯正

ヘッドケアアイコン

ヘッドケア

筋膜リリースアイコン

筋膜リリース

ABOUT US

カイロプラクティックラクーン

住所

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀4-10-25
アンサンブル 103

最寄駅

JR中央線 三鷹駅南口徒歩14分

駐車場

応相談(スペース狭小の為)

10:00〜20:00
お電話でのお問い合わせ(予約優先)

090-4383-0869

※施術中により
お電話に出れない場合がございます。
WEB予約はこちら
受付フォーム24時間受付

BACK TO TOP

ネット予約アイコン

ネット予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー